凛と咲く

トップ凛と咲く 一覧 > 奈良の活性化へ橋渡し

奈良の活性化へ橋渡し - NPO法人ならゆうし理事  春田千尋さん(26)

2015年06月19日

写真

 はるた・ちひろ NPO法人ならゆうし理事。帝塚山大学卒。学生時代、破損仏の魅力を探求する「欠け佛部」を結成。仕事を通じて奈良の地域活性化、魅力創造に取り組む。

 「若い力で奈良の地域経済を活性化することが一つの目標―」。春田さんが勤める「ならゆうし」の主な仕事は、「実践型インターンシップ」支援だ。
 同インターンシップは、受け入れ先も学生ならではの考えを取り入れることで、例えば販路を拡大したりとメリットが明確であることが特徴だ。
 昨年度はポニーの里ファーム(高取町兵庫)やべっぴん奈良漬(奈良市三碓)などと連携。春田さんは自らの役目を「学生と受け入れ先の橋渡しを行う、コーディネーター」と説明する。
 大学では民俗学を学ぶ傍ら、破損仏の研究を。「欠け佛部」を結成し、フリーペーパー発行やイベントを主催するなどして、魅力を伝えてきた。
 その経験をもとに来春に向け、お寺インターンシップを企画。県内の檀家寺と連携し、寺院のあり方を追求する。「生き方を考えるためにも地元のお寺と関わることは大事。仕事を通じて手伝いができれば」と目を輝かせる。(木下昌美)

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper