凛と咲く

トップ凛と咲く 一覧 > 突き動かすのは正義感

突き動かすのは正義感 - 県警刑事部機動捜査隊 大河恵子さん(33)

2014年10月17日

写真

 おおかわ・けいこ 高校卒業後、警察官に。交番勤務や白バイ隊員、刑事部捜査一課などを経験。平成16、17年、警察の白バイ運転技術全国大会に出場。趣味は大型バイクでのツーリングで「気を遣わなくていいから」と一人で吉野方面など県内を走るのが好き。

 県警の警察官数は2449人で、そのうち女性は210人。刑事部の機動捜査隊に今年、女性の視点を生かすチーム「CLOVER」(クローバー)が初めて組織された。大河恵子さんは、その隊員の一人として活躍している。
 小学生のころ、学校へ交通安全指導に来てくれた県警の白バイ隊員を見て憧れ、警察官を目指した。高校卒業後の平成12年、警察官に。念願の白バイ隊員の後、「悪いやつらを捕まえたい」と、刑事を志した。
 「CLOVER」は、24時間3交代で任務にあたり「覆面パトカー」でのパトロール巡回や無線からの連絡を受け、事件の初動捜査にあたる。巡回中の職務質問では「不審さや怪しさなど、疑問点と間合いを大切にして声を掛ける」と言う。
 女性の視点が事件解決に寄与することもあり、現場では被害女性が打ち解けて「女の人が来てくれて良かった」とも。その言葉が、きょうも自分の正義を燃やす。(染谷和則)

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper