凛と咲く

トップ凛と咲く 一覧 > ばちに込める郷土愛

ばちに込める郷土愛 - 明日香村職員 辻本成実さん(22)

2014年11月14日

写真

 つじもと・なるみ 橿原学院高校、立命館大学経済学部卒業。平成26年4月から明日香村役場に奉職。

 インタビュー中はニコニコしていた顔が、太鼓の前に立つと、ぐっと引き締まった表情に変わった。大きな掛け声とともにばちを振り下ろす。身の引き締まるような、大きな音が鳴り響いた。
 今春、大学を卒業し、明日香村役場に入った。学生時代は「なんとなく」で生きていたという。東日本大震災の翌年、大学のゼミからボランティアのために訪れた東北での経験が大きな転機になった。「これまで、ただなんとなく地元を離れたくないと思っていただけだけだったものが、地域のために何かしたい、という明確なビジョンに変わった」
 現在、教育課の職員として、村民の生涯教育に携わりながら、「飛鳥太鼓」の一員として、行事の際などに演奏を行っている。太鼓をたたいて9年。「彼女の出す音はとても力強い」と、他のメンバーからの信頼も厚い。
 「楽しく太鼓をたたいて、みんなにも楽しい気持ちになってもらえれば」と照れくさそうな笑顔で語る。(川真理子)

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper